トップページ  > 先端医療講座 >  麻薬性鎮痛薬

麻薬性鎮痛薬

麻薬性鎮痛薬はがん患者の激しい痛みをコントロールする薬物として、疼痛治療にはなくてはならない薬物です。

1986年、WHOは「WHO方式癌疼痛治療法」を発表し、がん患者の多くが激しい痛みから開放されるようになりました。

一方、その毒性や耐性、依存性から、「寿命を縮める」「使いすぎると効かなくなる」「中毒になる」など使用にあたっての誤解や恐怖を招き、適切な使用法がなされていない場合もあります。

今回は、がん患者の痛みをコントロールするために非常に有用なモルヒネを中心とする麻薬性鎮痛薬を紹介します。

ページのトップに戻る

1.WHO方式癌疼痛治療法

WHO方式癌疼痛治療法は「がんの痛みは治療できる症状であり、治療すべき症状である」ということを基本とし

第一目標 : 痛みに妨げられない睡眠

第二目標 : 安静にしていれば痛みが消えている状態

第三目標 : 起立したり、身体を動かしたりしても痛みが消えている状態と段階的に

目標を設定してあります。そして、その治療の原則は

(1)「経口的に(by mouth)」

(2)「時刻を決めて規則正しく投与(by the clock)」

(3)「除痛ラダーにそって効力の順に(by the ladder)」

(4)「患者ごとの個別的な量で(for the individual)」

(5)「そのうえで細かい配慮を(attention to detail)」

の五つからなっており、WHO方式癌疼痛治療法を忠実に実行すればほぼ100%の患者で疼痛が消失あるいはほぼ消失すると言われています。

ページのトップに戻る

2.除痛ラダー

癌疼痛治療法は、除痛ラダーによって痛みの強さに応じた鎮痛薬を選択して進められます。

痛みが強くないときには、非オピオイド鎮痛薬を使い、非オピオイド鎮痛薬が十分な効果をあげないときには、非オピオイド鎮痛薬に追加して弱オピオイド鎮痛薬を使い、弱オピオイド鎮痛薬が十分な効果をあげないときには、強オピオイド鎮痛薬を代わりに用います。

また、鎮痛薬の副作用の抑制、作用増強、不眠・不安・うつ状態などの緩和に対する鎮痛補助薬が用いられることもあります。

ページのトップに戻る

3.麻薬性鎮痛薬

オピオイド鎮痛薬とはオピオイド受容体に結合して鎮痛効果をあらわす薬物で、弱オピオイド鎮痛薬の代表的なものにコデイン、強オピオイド鎮痛薬の代表的なものにモルヒネがあります。

これら、オピオイド鎮痛薬には麻薬が含まれており、初めにも述べたように、毒性や耐性、依存性から、「寿命を縮める」「使いすぎると効かなくなる」「中毒になる」など使用にあたっての誤解や恐怖を招き易いことがありますが、モルヒネと一部のオピオイド鎮痛薬の鎮痛作用には上限がないため、患者が副作用に耐えられる量であれば過量投与となることがないので、患者の痛みが緩和するまで増量できる薬です。その量は患者ごとに異なり、経口モルヒネについてみると1日量が20mgから1,000mg以上(1日量が5,000mgを超えた例もあります)になることもあります。

現在は、除放錠、散剤、水剤、坐薬、貼付剤、注射剤と薬剤の剤型も工夫され様々なものがあり、患者の状態に合わせて剤型の選択が可能になっています。

ページのトップに戻る

4.副作用

モルヒネの主な副作用には便秘、嘔気・嘔吐、眠気です。

鎮痛効果が発生する量を1とすると、便秘は1/50、嘔気は1/10の量で発生し、眠気は2.6倍の量が必要です。その他の副作用として呼吸抑制がありますが、鎮痛量の10.4倍の量が必要で、経口投与ではほとんど起こりません。(死亡には357.5倍の量が必要です)

また、痛みがなくなったら、少しずつ減量することで中毒を防ぎながら薬剤の使用をやめるので、中毒になることはありません。

副作用の対処法としては、便秘には緩下剤の服用、嘔気・嘔吐には制吐剤の服用、眠気には減量が行われます。

モルヒネを中心とする麻薬性鎮痛薬は、除痛に極めて効果的でありますが、痛みの強さは患者にしかわかりません。モルヒネの鎮痛効果と副作用をよく理解し確実に鎮痛すること、タイミングよく服薬し痛みをコントロールすること、また、副作用をできるだけ抑えることで、生活の質は向上させることができます。

ページのトップに戻る

以上で、今回の「薬剤講座」は終了します。

次回は、睡眠薬について予定しています。