トップページ  > 先端医療講座 > カンジダ症のお薬について

カンジダ症のお薬について

カンジダは、真菌という、カビの一種に属する菌です。

カンジダ症は元々人間の体の中に存在している常在菌であるカンジダ菌が、体の免疫力が低下したときに増殖し皮膚と粘膜に感染することで引き起こされる疾患です。
体の免疫力が低下する原因はいろいろありますが、不規則な生活習慣・食生活・高温多湿で不潔な環境・糖尿病などの慢性病・ステロイド・抗生物質の長期使用などが挙げられます。

今回は、カンジダ症のお薬についてお話します。

1.カンジダ症の種類とその症状

皮膚カンジダ症
部位や年齢によりカンジダ性間擦診(かんさつしん)、乳児皮膚カンジダ症、カンジダ性指間びらん症、カンジダ性爪囲爪炎(そういそうえん)、爪カンジダ症に分類されます。
間擦部カンジダ症やへその中に発症するカンジダ症では、鮮やかな赤い発疹がみられます。皮膚が軟化してびらん状になることもあります。乳児では、おむつをあてる部分にできます。
爪のカンジダ症では、赤くなって腫れ、痛みを伴います。カンジダに感染した爪は白や黄色に変色し、爪床からはがれてしまうことがあります。
口腔カンジダ症/鵞口瘡(がこうそう)
粘膜カンジダに分類されます。口腔粘膜、舌、口蓋に白い斑点のようなかたまりが付着し、痛みを伴うこともあります。ほとんどは新生児の時期に基礎疾患をもたない生理反応として生じ、ステロイド薬や抗生剤を内服している患者や、高齢者にもよく見られます。
性器カンジダ症(カンジダ膣炎)
粘膜カンジダに分類されます。白や黄色のチーズ状のおりもの、ヒリヒリとした痛み、膣や外陰の掻痒感、腟壁と腟の外周辺が赤くなるなどがあります。特に妊婦、糖尿病患者、抗生物質服用者に多く見られます。
特殊型
慢性皮膚粘膜カンジダ症とカンジダ性肉芽腫があります。
慢性皮膚粘膜カンジダ症は免疫不全が原因で,通常のカンジダ症と異なり厚いかさぶたやいぼを形成します。
カンジダ性肉芽腫は幼小児期に発症し慢性的に経過し、主として頭部や顔面,粘膜部などに症状が出ます。

ページのトップに戻る

2.カンジダ症の治療薬

治療には主にカンジダに対して抗菌力のある外用薬が使われます。カンジダ性爪囲爪炎、口腔カンジダ症などの病型や難治性・広範囲の皮膚カンジダ症では内服薬を用います。

外用薬
イミダゾール系のものが、カンジダに対しても有効性が高く、第一選択薬とされています。ネチコナゾール(アトラント®)、ケトコナゾール(ニゾラール®)、ラノコナゾール(アスタット®)などの新しい薬は抗菌力が強化されています。皮膚カンジダ症はびらんを示すことが多いので、刺激が少ないクリーム剤か軟膏剤が最も適しています。

<カンジダ症で使用される外用薬>

商品名 一般名 種類
アスタット ラノコナゾール(イミダゾール系) 軟膏、クリーム、液
アトラント 塩酸ネチコナゾール(イミダゾール系) 軟膏、クリーム、液
エンペシド クロトリマゾール(イミダゾール系) クリーム、膣錠
ニゾラール ケトコナゾール(イミダゾール系) ローション、クリーム
ルリコン ルリコナゾール(イミダゾール系) クリーム、液
ラミシール 塩酸テルビナフィン(アリルアミン系) クリーム、液、スプレー
内服薬
トリアゾール系のイトラコナゾール(イトリゾール®)が、様々な真菌に効果があり、第一選択薬となります。副作用は比較的少ないのですが、他のお薬との併用で効果の増強・減弱を起こすことに注意する必要がある薬剤ですので、他のお薬を使用中の方は医師・薬剤師にご相談ください。
同じトリアゾール系のフルコナゾール(ジフルカン®)はカンジダ症も含めた内臓真菌症に用いられますが、現在、皮膚カンジダ症には保険適応がありません。
テルビナフィン(ラミシール®)は白癬菌に対する効果がありますが、その一方で、カンジダ症に対する効果はあまり高くありません。

<カンジダ症で使用される内服薬>

商品名 一般名 種類
イトリゾール イトラコナゾール(トリアゾール系) カプセル、内用液
ファンギソン アムホテリシンB(ポリエン系) シロップ(嚥下またはうがい)
ジフルカン フルコナゾール(トリアゾール系) カプセル
フロリードゲル ミコナゾール(トリアゾール系) 経口用ゲル
ナイスタチン ナイスタチン(ポリエン系)
治療期間は2週間くらいで完治するものから数ヶ月を要するものまで様々で、症状が現れている部位により異なります。
特に爪にできるカンジダ性爪囲爪炎では治療に数ヶ月かかります。

ページのトップに戻る

3.カンジダ症の予防及び再発防止策

カンジダ症の予防及び再発防止には、以下のようなことに注意することが効果的です。

  • 口腔内の常在細菌を減少させることでカンジダ菌の発生が少なくなり、治りが早くなるので日頃から丁寧な歯みがきを行う。
  • 患部の清潔、乾燥を保つ。
  • イソジン含嗽をする。
  • コンドームを使用する。
  • 熱い物や辛い物など刺激のある食べ物は避ける。
  • 栄養バランスの取れた食事、規則正しい生活を送る。
  • 薬はきちんと指示を守って服用する(きちんと服用せず薬の使用期間が長期になる場合、耐性を起こしてしまうことがあります)。

カンジダ症は基本的に検査、治療ともにそれほど難しい病気ではありません。思い当たる症状があるときは、早めに病院を受診してください。

以上で、今回の薬剤講座を終了します。

次回は、『じんましんのお薬』について予定しています。

(参考・引用文献)

  • メルクマニュアル(万有製薬ホームページ)
  • gooヘルスケア
  • 清水宏『あたらしい皮膚科学』中山書店