トップページ  > 先端医療講座 > 緑内障のお薬について

緑内障とは

眼圧の上昇により視神経が傷害され、見える範囲(視野)が狭くなる病気です。

  • 一般的に進行は緩やかであるため、末期までほとんど自覚症状がみられません。
  • 進行すると多くの症例で失明にいたる病気です。そのため、早期に適切な治療を行う必要があります。

患者年齢は幼児から高齢者まで広い年齢層にわたりますが、特に40歳以上で発病することが多いようです。
緑内障は右のように分類されます。

他にも正常眼圧緑内障といって、眼圧が正常範囲(約10~21mmHg)にありながら視神経が傷害されるものもあります。

今回は、緑内障のお薬についてお話しします。

1.緑内障の症状

緑内障には、徐々に視野が狭くなっていくタイプと急な発作が生じるタイプがあります。
急性緑内障発作が起こったときには、急激に眼圧が上昇するため眼痛・頭痛・吐き気・充血などの症状がみられます。
前述したように、一般的に緑内障はゆっくりと症状が進むため、末期になるまでほとんど自覚症状のないことが多く、病状が進行してしまってから受診される方が多いようです。一度障害を受けた視神経は回復することはありません。よって、早期発見・早期治療が大切になってきますので、40歳以上の方は、一度眼科での検診を受けることをおすすめします。
緑内障の診断としては、眼圧検査、眼底検査、視野検査、隅角検査などが行われます。

ページのトップに戻る

2.緑内障の治療

治療の第1選択は、“眼圧を下げること”を目的とした薬物療法です。正常眼圧緑内障の場合もさらに眼圧を下げることによって病気の進行を止めることができます。
しかし、薬だけでは十分に眼圧が下がらない場合には、レーザー治療や手術が行われます。
ただし、原発性閉塞隅角緑内障では手術が原則となります。

ページのトップに戻る

3.緑内障の治療薬

今から、緑内障のお薬について紹介をします。眼の表面にある角膜と水晶体の間には前房という部分があって、そこには血液に代わって栄養素を運搬する 眼房水(がんぼうすい)という液体が流れていて、隅角(ぐうかく)と呼ばれる部分を通って排出されているのですが、その流れが滞ってしまって液が溜まる結果、その部分の圧力が上昇することで視神経が圧迫されて症状を起こします。緑内障治療薬はその眼房水の排出を促したり、眼房水の産生を抑えたりして、眼圧を下げることで緑内障の症状を改善します。

緑内障の治療薬はほとんどが点眼薬です。
緑内障のお薬は次のように分類されます。

眼房水の排出を促進するもの
交感神経刺激薬、交感神経遮断薬(α遮断薬)、副交感神経刺激薬、プロスタグランジン関連薬
眼房水の産生を抑制するもの
交感神経遮断薬(β遮断薬)、炭酸脱水酵素阻害薬
① 交感神経刺激薬
非選択的刺激薬 → ピバレフリン®点眼液

作用 : 開放隅角緑内障に用いられ、眼房水の排出を促すことで眼圧を下げます。
注)閉塞隅角緑内障には禁忌です。

② 交感神経遮断薬

β遮断薬 → ミケラン®点眼液、チモプトール®点眼液、リズモン®点眼液、ベントス®点眼液、ベトプティック®点眼液
作用 : 眼房水の産生を抑えることで眼圧の上昇を防ぎます

α遮断薬 → デタントール®点眼液
作用 : 眼房水の流出を促進して眼圧を下げます。

α・β遮断薬 → ハイパジールコーワ®点眼液、ニプラノール®点眼液、ミロル®点眼液
作用 : α遮断作用とβ遮断作用両方を併せ持つお薬です。

③ 副交感神経刺激薬 → サンピロ®点眼液、ピロリナ®点眼液

作用 : 縮瞳作用があるため、瞳を小さくすることで隅角を広げてシュレム官から眼房水を排出しやすくします。

④ プロスタグランジン関連薬
→ レスキュラ®点眼液、キサラタン®点眼液、トラバタンズ®点眼液、タプロス点眼液

作用 : 眼房水の排出を促進して眼圧を下げます。

⑤ 炭酸脱水酵素阻害薬 → トルソプト®点眼液、エイゾプト®点眼液

作用 : 眼房水の産生を抑制することで眼圧を下げます。他の薬が使えない時や効果が不十分な時に第2、第3選択薬として使われます。

この他には、飲み薬として、炭酸脱水酵素阻害薬のダイアモックス®やカルシウム拮抗薬などが用いられます。また、新しいタイプのお薬にプロスタマイド誘導体のルミガン®点眼液があります。ルミガン®点眼液は、房水の流出量を増やして眼圧を下げてくれます。

4.緑内障に禁忌のお薬について

最後に緑内障の患者さんが服用する際に、気をつけなければならないお薬があります。それは、眼圧を上昇させてしまうおそれがある抗コリン作用をもつお薬などです。抗コリン薬以外には、抗パーキンソン薬のレボドパ製剤や狭心症治療薬の硝酸薬、昇圧薬のリズミック®などが 緑内障のタイプによっては使用できません。その他にも、ステロイド製剤は禁忌ではありませんが、使用はなるべく避けるようにしましょう。

もし、緑内障の方で他にもお薬を服用されているのであれば、一度医師または薬剤師にご相談ください。

ページのトップに戻る

以上で、今回の薬剤講座を終了します。

次回は、『カンジダのお薬について』について予定しています。

(参考・引用文献)

  • 一般社団法人 日本眼科医会 ホームページ
  • 日本眼科学会 ホームページ