トップページ  > 先端医療講座 > 神経因性膀胱の薬について

神経因性膀胱の薬について

神経因性膀胱とは、脳や脊髄といった膀胱を支配する神経系が病気や怪我によって障害されることで頻尿、尿失禁、排尿困難など蓄尿と排尿の膀胱機能がうまく働かなくなる病気です。

神経因性膀胱は心の病気ではなく、膀胱の働きが問題で、意外に身近な病気といえます。
膀胱の働きは専門的に調べないと判断できませんから、まずは専門医のいる病院で診察を受けることが大切です。

今回は、神経因性膀胱のお薬についてお話します。

1.神経因性膀胱の症状

「おしっこがしたい(尿意)」と感じるのは大脳です。トイレで「おしっこをしよう」と思ったときにおしっこをスムーズに出せるのは、脳からの指令を受けて膀胱や尿道に通っている神経が排尿を上手にコントロールしているからです。
脳⇔脊髄⇔膀胱や尿道を結ぶ神経のどこかに障害があると「おしっこを我慢する」「おしっこを出す」などの行為が思い通りにできなくなったり、「おしっこがたまった」という感覚がなくなったりします。
そのために、おしっこをためたり、出したりすることがうまくいかなくなるのです。

神経因性膀胱の症状はさまざまで、おしっこが近い、もれる、出にくい、などの症状が混ざっている場合もあります。
患者さん一人ひとりで症状は少しずつ異なり、病気の時期(急性期、慢性期)によっても症状は異なります。
尿意切迫感がある場合も、ない場合もあります。また、中には症状のないこともあります。

ページのトップに戻る

2.分類と治療

神経因性膀胱は大きく2つに分類されます。
膀胱の収縮が弱くなり、膀胱壁が弛緩して膀胱容量が増大する弛緩型と、膀胱に尿が少したまると反射的に収縮して排尿してしまう痙直性型です。それぞれの型で使用する薬剤も異なります。

① 弛緩型に使用する薬剤
弛緩型の場合には尿の排泄を促すように働かせるために、ベタネコール(ベサコリン®)など膀胱筋(排尿筋)の収縮を促進するムスカリン受容体刺激薬を投与します。
また、同じ目的でアセチルコリン分解を抑制するジスチグミン(ウブレチド®など)のようなコリンエステラーゼ阻害薬も有効です。
一方、膀胱頸部や尿道の抵抗を低下させるために、この部位の緊張を除く目的でタムスロシン(ハルナール®など)やプラゾシン(ミニプレス®など)のようなα1受容体遮断薬などが使用されます。
② 痙直性型に使用する薬剤
痙直性型の場合には、逆に副交感神経の刺激で膀胱筋(排尿筋)の収縮が生じているので、プロピベリン(バップフォー®)やフラボキサート(ブラダロン®など)などの副交感神経遮断薬が使用されます。

ページのトップに戻る

3.その他の治療

神経因性膀胱の治療では、原因となる病気の治療を行うことはもちろん、原因は色々なことが重なって起こっていることがあり、薬を中心とした対症療法的な治療を行います。
抗不安剤、睡眠導入剤などの向精神薬を併用することもあります。また、膀胱に長い間尿がたまった状態が続くと、細菌感染を起こしたり、膀胱や腎臓の機能が悪くなったりすることがあるため、自己導尿で定期的に膀胱に残った尿を出す方法もあります。

弛緩型、痙直性型のどちらの場合でも出来るだけ正常な状態に近づけて、患者さんの生活の質(QOL)の向上を目指した治療を行っていきます。

ページのトップに戻る

気をつけたい副作用や相互作用

弛緩型神経因性膀胱の治療に用いられる副交感神経刺激薬は、ムスカリン受容体を介して症状を誘発したり、増悪したりする可能性があるので、気管支喘息、胃・十二指腸潰瘍、消化管閉塞では投与してはいけません。
α1受容体遮断薬は、交感神経反射を抑制することから、血圧低下、起立性低血圧を起こすことがあります。
そのほかにめまい、頭痛、眠気などの精神神経症状、胃部不快感、悪心、嘔吐、下痢などの消化器症状が起きることがあると言われています。
また、ほかの高血圧治療薬と一緒に使用することで血圧が下がりすぎてしまうことがあるので、その場合は減量するなどの措置が必要な場合もあります。

痙直性型神経因性膀胱の治療に用いられる副交感神経遮断薬には、口渇、便秘、頻脈などの副作用があります。
また、緑内障、潰瘍性大腸炎、麻痺性イレウスなどには投与してはいけません。
頻尿など神経因性膀胱と同じような症状を示す前立腺肥大症である場合は尿閉となってしまうことがあるため禁忌とされているので、診断や治療は必ず専門医に行ってもらいましょう。

ページのトップに戻る

以上で、今回の薬剤講座を終了します。

次回は、『前立腺肥大症のお薬』について予定しています。

(参考・引用文献)

  • 疾病の成り立ちと回復の促進 薬理学  中嶋敏勝編著  医歯薬出版株式会社
  • 知っておきたい神経因性膀胱  杉村享之監修  大鵬薬品工業株式会社提供