トップページ  > 総合健診センター  > 藤元中央病院健診センター > 特定健康診査について

特定健康診査(特定健診)について

日本人の生活習慣の変化等により、近年、糖尿病等の生活習慣病の有病者・予備軍が増加しており、それを原因とする死亡は、全体の3分の1にも及ぶと推計されています。

平成20年4月からスタートした、生活習慣病のための新しい健診・保健指導を積極的に利用して、バランスの取れた食生活、適度な運動習慣を身に付けましょう。

特定健康診査とは?

特定健康診査(特定健診)は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健診で、以下の項目を実施します。

基本的な項目
年齢等、受診対象の方全員に必須の項目です。
検査項目 リスクカウントの目安
質問票
(服薬歴・喫煙歴など)
身体計測
(身長・体重・BMI・腹囲)
腹囲 : 男性 85cm/女性 90cm 以上
BMI : 25 以上
血圧測定 収縮期血圧(最高血圧)130mmHgl 以上
または
拡張期血圧(最低血圧)85mmHgl 以上
または
薬剤治療を受けている
理学検査
(身体診察)
検尿
(尿糖・尿蛋白)
尿糖(+-)以上
尿蛋白(+)以上



脂質検査(中性脂肪・HDL・LDL) 中性脂肪150mg/dl 以上
または
HDL40mg/dl 未満
または
薬剤治療を受けている
血糖検査(空腹時血糖またはHbA1c) 空腹時血糖100mg/dl 以上
または
HbA1c5.2% 以上
または
薬剤治療を受けている
肝機能検査(GOT・GPT・γ-GTP) GOT31 IU/l 以上
または
GPT31 IU/l 以上
または
γ-GTP51 IU/l
または
薬剤治療を受けている
詳細な健診の項目
一定の基準の下、医師が必要と認めた場合に実施します。
検査項目 リスクカウントの目安
心電図
眼底検査 IIa 以上



赤血球数
血色素量 男性 : 13.1pg 未満/女性 : 12.1pg 未満
ヘマトクリット値 男性 : 39.0% 未満/女性 : 36.0% 未満

特定保健指導とは?

特定健診の結果により、受診者は「情報提供」「動機付け支援」「積極的支援」の3区分に階層化されます。
さらに、「動機付け支援」「積極的支援」に区分された方を対象として、特定保健指導を実施します。

情報提供
受診者すべてに対して、問診や健診結果を基にした、生活習慣の改善に必要な情報を提供します。
  • 健診結果の数値の読み方説明
  • 具体的な健康づくりの方法など
動機付け支援
健診結果から現状の生活習慣を振り返り、生活習慣の改善の必要性を認識した上で、医師・保健師または栄養管理士の面接・指導を基に、改善目標を設定します。
  • 初回面接 : 1人20分以上の個別支援 または 1グループ80分以上のグループ支援
  • 6ヵ月後の評価 : 電話やメールなどによる、健康状態や生活習慣の確認
積極的支援
初回の面接で内臓脂肪の減量の目標を設定し、一定の期間、医師・保健師または栄養管理士の面接・指導を受けながら、積極的に健康づくりをしていきます。
  • 初回面接 : 1人20分以上の個別支援 または 1グループ80分以上のグループ支援
  • 3ヵ月以上の継続的支援 : 個別支援・グループ支援・実技・実習等の行動計画の実施状況を確認しながら、必要があれば目標設定のみ青氏を行います。
  • 6ヵ月後の評価 : 電話やメールなどによる、健康状態や生活習慣の確認

よくある質問と答え

これまでの健診とどこが変わるの?
誰が特定検査を受けられるの?
特定健診・保健指導を受けるにはどうすればいいの?
どこで特定健診・保健指導を受けられるの?
受けるのは費用はかかりますか?
特定保険・保健指導を受けた後はどうなるの?
プライバシーが守られるか心配だけど、大丈夫?
実施機関は選べるの?
特定健診・保健指導を受けないとどうなりますか?
がん健診・骨粗しょう症健診等はどこで受けられますか?
がん健診・骨粗しょう症健診等は特定健診と同時に受けられますか?

これまでの健診とどこが変わるの?

これまで、40歳以上の方々の一般的な健診は、各市町村が住民を対象に実施していましたが、平成20年4月からは、次のように変更されました。

  • 40~74歳の方には、医療保険者が、加入者(被保険者・被扶養者)に、特定健康診査として実施します。
  • 75歳以上の方には、各都道府県に設置されている「後期高齢者医療広域連合」が実施する予定です。
誰が特定検査を受けられるの?

特定健診は、実施年度において40~74歳となる医療保険の加入者が対象です。

なお、事業主健診(勤務先で実施される健康診断)の受診者の方は、事業主健診の項目に特定健康保険の項目が含まれていることから、医療保険者が事業主健診の結果を事業主や受診者から受領できる場合は、別途、特定健康診査を受ける必要はありません

特定健診・保健指導を受けるにはどうすればいいの?

特定健診の対象者に宛てて、医療保険者から「受診券」(保健指導の場合は「利用券」)や診療案内が郵送または手渡しで届きます。

お手元に届き次第、受診券利用券)と被保険者証を持って、医療保険者の案内する実施場所(健診を行う場所)に行きます。

出かける前に、健診・保険指導機関(実施機関)に、実施時間等を確認すると共に、必要があれば日時の予約を行ってください。

どこで特定健診・保健指導を受けられるの?

特定健診・特定保健指導を受けやすくするため、医療保険者が気軽に受けられる体制を整えています。

詳しい場所は、加入している医療保険者にご確認ください。

受けるのは費用はかかりますか?

費用は主に医療保険者が負担しますが、医療保険者によっては、費用の一部を自己負担として、受診者が負担する場合もあります。
受診者が負担する場合は、受診時に実施機関の窓口でお支払いいただきます。

自己負担の有無、金額あるいは負担率は、医療保険者で異なりますが、具体的な金額等は受診券(利用券)に記載されています。

特定保険・保健指導を受けた後はどうなるの?

特定健康診査を受けた約1~2ヶ月後に、ご本人に健診結果とそれに合った生活習慣の改善に関する情報が実施機関から届きます。
なお。健診結果データは医療保険者にも送付されます。

医療保険者では、受け取った健診結果データから、特定保健指導の対象者を抽出し、利用券などをご案内することになります。
特定保健指導の場合は、指導結果データが医療保険者に送付されます。

プライバシーが守られるか心配だけど、大丈夫?

医療保険者は個人情報保護法に従い、健診・保健指導の結果データを厳重に管理することが義務付けられており、漏洩被害があった場合などは、法律で罰則が定められています。

また、実施機関は、委託元である医療保険者の個人情報保護規定を遵守し、受診される方のプライバシー情報を守ることが義務付けられており、同様に法律で罰則が定められています。

実施機関は選べるの?

医療保険者が整備した実施体制(医療保険者自身で実施する場合は医療保険者、委託により実施する場合は委託先)のうち、医療保険者がご案内したところであれば、受診される方が自由に選ぶことが出来ます。

なお、実施体制は、厚生労働省で定めている施設や人員等に関する基準(※)を満たしていることが前提になります。

※特定保険・特定保健指導の外部委託基準 ⇒ http://www.mhlw.go.jp/bunya/shakaihosho/iryouseido01/dl/info03i-7.pdf

特定健診・保健指導を受けないとどうなりますか?

特定健康診査・特定保健指導は、加入者ご本人に受診・利用を義務付けられたものではありませんが、受けない場合は、ご自身の生活習慣を見逃す機会を逃してしまうことになりますので、なるべく積極的な受診・利用をお勧めします。

未受診の方には、医療保険者から受診券・利用券が届いているのかの確認等の連絡が入る場合があります。

がん健診・骨粗しょう症健診等はどこで受けられますか?
特定健診と同時に受けられますか?

がん健診・骨粗しょう症健診などは、これまで通り市町村が提供体制を整えますので、詳細は医療保険者ではなく、お住まいの市町村へお尋ねください。

なお、当センターでも以下のがん健診を実施しております。
特定健診と同時の受診も可能ですので、ぜひご検討ください。

  • ・乳がん健診
  • ・子宮がん健診
  • ・肝炎ウィルス検査
  • ・骨粗しょう症検査(委託)
藤元中央病院総合健診センターへのご予約・お問合せ
〒880-0941 宮崎市北川内町乱橋3584番地1
一般社団法人 藤元メディカルシステム 藤元中央病院付属総合健診センター
電話:0985-53-1101 FAX :0985-53-1108
フリーダイヤル:0120-808-660