トップページ  > 家庭の医学シリーズ  > 泌尿器科 > 腎臓について

腎機能

はじめに

今まで腎臓の働きにはじまり、尿の量・性状について学習し、症状ではむくみ、痛み、熱といった大枠の事を説明してきました。
次はよく聞く腎の病気のことを幾つか学んでいきましょう。スケジュールは次の通りです。

  1. 膀胱炎
  2. 腎盂腎炎
  3. 腎・尿路結石
  4. ネフローゼ症候群
  5. 慢性腎不全

尿路感染症は、腎臓から体の外へ出る尿道までの間におこった細菌によるものをいいます。
これを2つに分けて、

  1. 膀胱から尿道にかけての感染症(膀胱炎)
  2. 膀胱から腎臓などに炎症がおこったもの(腎盂腎炎)

があげられます。

それではスケジュールの1.膀胱炎、2.腎盂腎炎にそって勉強していきましょう。

膀胱炎

原因

細菌が尿道から侵入してくるケースが大部分です。特に女性に多く、便秘や月経・妊娠などによっておこりやすくなります。又、解剖上でも、女性の尿道は男性と比べて約1/4しか長さもない上、膣や肛門に近いこともその誘因でしょう。菌には大腸菌などがあります。

症状

何度も何度もトイレに行く。排尿時の痛み。濁った尿が3大症状だと言われています。
又、排尿する時、身をぐぐぐとしぼり出させるような症状(身しぼり感)が伴う人もいます。

診断

尿の中に細菌や、それによる膀胱内の炎症ではがれた粘膜などがないか顕微鏡で調べます。

治療

まず、尿道周辺の清潔を保つことが大切です。そしてかかりはじめは、体を休め、膀胱の辺りを湯たんぽなどで温め、膀胱内を洗い流す為にも水分を多く摂るようにしましょう。通常の人は1日1000~1500mlの水を必要としますが、この時期は2000~3000ml程摂ると良いでしょう。
ただし、ビールなどのアルコールは、排尿を起こしやすくしますが、膀胱内の血管が充血するので、より炎症がひどくなることがあります。水かお茶が良いでしょう。
又、重ねて抗生物質などを確実に飲んで、医師が「完治した」と言うまでは治療を続けるようにしましょう。

腎盂腎炎

原因

膀胱炎と同じく、大腸菌や化膿性の場合が多いようです。腎臓まで炎症が起こっているのですから、そう簡単にはかかりませんが、腎臓内に尿が溜まっている状態ができるとそうでもありません。例えば、結石前立腺肥大症があり、尿が膀胱や尿道までいけない場合などがそうです。こう考えると男性にもおこる病気です。が、大半はやはり女性に多いようです。

症状

多くの細菌がいる尿が、腎臓までいくのですから、当然、発熱は伴います。又、膀胱炎の3大症状として、時に血尿も出ます。背中や腰を叩くと響いて痛いというのも特徴的です。

診断

膀胱炎と同じく、尿に異常が無いかどうかをみつけます。細菌の他に、細菌と戦った結果、増えた白血球や、石が動いたときに体を傷つけて出た血液も混じっています。

治療

原因菌に対する抗生物質を用います。後は、やはり安静と尿量を増やす為にも、水分摂取は欠かさないようにしましょう。

腎・尿路結石

石のようなものが、体の中の腎臓や尿管、膀胱、尿道など尿が作られる過程の尿路にでき、石がどこにあるかによって呼び名が変わります。ここでは統合して述べていきましょう。

原因

石のような結晶が出来るはっきりとした理由は、まだわかってはいません。しかし、結晶ができやすい状況はあります。尿路が詰まってしまう尿路閉塞、細菌感染など、又少し難しい言葉で代謝異常というものもあります。これには痛風や副甲状腺機能亢進症などがあげられます。
結晶成分も数種類あり、特にシュウ酸カルシウム、リン酸カルシウム等が多く見られます。

症状

3大症状と呼ばれているものがあります。それは、痛み・血尿・結石の排出です。痛みは、背中から腰にかけてのにぶい痛みとキリキリした痛みがあります。このキリキリとした痛みは、片側におこる激しい痛みです。相当痛いのでしょう。この痛みがある時は、吐き気、顔色が真っ青になるなど、見た目にもわかるようです。
他には、先に述べた石が尿路を傷つけて、尿に血が混ざる血尿、実際に出来ている石が尿とともに出てくるのは勿論「現物証拠」となりますね。

診断

先ほどの3大症状の自覚症状に加えて、腎臓や尿管、膀胱などのレントゲン撮影やCT、超音波で結石を確認します。

治療

痛みに対しては鎮痛剤を使います。10mm以下の小さな結石であれば、水分を大量(1日2000~3000ml:通常私たちが飲んでいる水分量の約2~2.5倍の量です。)に飲むことで、自然に排出することもあります。
また、痛みがないときには、階段の昇降、縄跳びなどの運動で排出することもあるのでおすすめします。結石が10mm以上で、なかなか排出しない場合は、手術療法で結石を除去する方法があります。
近頃では体外衝撃波結石破砕術といって、お腹を切らずに、結石を砂状に破砕して自然に排出する方法もあります。

ネフローゼ症候群

血液中にあるタンパクが、尿中に大量(成人で3.5g以上)にもれ、その結果、低蛋白血症・浮腫・高脂血症などの症状が現れる病気を、まとめてネフローゼ症候群と言います。

原因

この病気は、腎臓の糸球体を障害する様々な疾患で起こります。腎臓の糸球体がタンパクを通しやすくなったため、尿の中に大量のタンパクが含まれるので、必要な血液中のタンパクも失われます。しかし、なぜ糸球体がタンパクを通しやすくなるのかは、まだはっきりとわかっていません。
ネフローゼ症候群は多くの病気から起こります。その原因別によって、糸球体にのみ病変を生じる原発性1次性ネフローゼ症候群(もともと腎臓そのものが悪くなる)と、全身性疾患の症状として、糸球体に病変を生じて起こる2次性ネフローゼ症候群(他の病気の影響を受けて悪くなる)に分類されます。詳しい原因疾患はここでは省きますね。

症状

最も著明な症状は浮腫(むくみ)です。血液中のタンパクの量が減ることで、血液と体液に浸透圧という圧が生じ、体内に水分を引きとめようとする働きが生じます。その結果として、とくに顔面(まぶた)に著しく出ます。ひどい時は眼を開ける事も出来ないほどです。重症になると頭(毛髪部)や、太ももの内側、腰、腹などにも指圧によってくぼみがみられます。陰嚢など軟らかい場所にむくみが現れることもあります。さらに進行すると、むくみが体全身に出るようになります。
こうなると、胸やおなかの中にも水が溜まり(胸水・腹水)、その影響で呼吸が苦しくなったり、お腹がはって食欲もなくなってしまいます。そして、尿は少なくなり、タンパクが多量にでます。尿からタンパクが失われると、血液中のタンパクが減り(低蛋白血症)、コレステロールが増えてきます。腎臓の働きが低下すると、それによる症状、例えば頭痛、吐き気、食欲不振なども現れます。

診断

浮腫、タンパク尿、血清総タンパク、総コレステロールが大切です。この検査結果のうち、成人で尿タンパクが1日3.5g以上、血清総タンパクが6g以下の2つがこの中でも病気を診断する鍵になります。
ちなみに、健康な成人の1日尿タンパク量は40~80mg(けたが違いますね)、血清総タンパク量は6.3~7.8g/dlです。参考までにどうぞ。

治療

安静、食事療法(高タンパク、高カロリー、低ナトリウム食)を原則とします。薬物療法は、浮腫があるときは、尿の出を良くする利尿薬が用いられます。また、副腎皮質ステロイドホルモンもよく用いられます。

慢性腎不全

いろいろな慢性腎疾患が進行した場合や、急性腎不全が長い経過をたどり腎臓の障害が高度になった場合を慢性腎不全といいます。しかし、ほとんどの慢性腎不全は、本人はもちろん、周囲も気づかないうちに、無症状のままだんだん悪くなっていく病気です。

原因

腎臓の機能が働かなくなるのですから、もともと持っているいろいろな腎臓の病気が原因になります。が、慢性糸球体腎炎に多く見られ、他にも糖尿病性腎症、慢性腎盂腎炎、痛風腎、ループス腎炎、腎硬化症などがあります。近年では、糖尿病性腎症が増加しています。

症状

腎臓の機能が低下するだけで、自分ではあまり自覚症状がない状態から、尿毒症状といって重い状態まで幅広い過程があります。尿毒症状は、もともと尿として排泄されるはずのものが、血液の中にたまってしまうことによって起こります。ですから、精神・神経・筋肉などの症状として頭痛、意識障害、痙攣などの症状が現れたり、消化器症状として食欲不振、のどが渇いたり、吐き気、嘔吐、便秘、下痢、や高血圧、心不全、動脈硬化、貧血、関節痛、骨そしょう症、色素沈着など全身に症状が現れます。これは、慢性腎不全の病気の程度によってどのように出現するかは、人によって異なります。また、脱水や感染、出血、心不全、誤った食事療法でも症状が悪化することがあります。

診断

慢性腎不全によくみられる血液の異常は、高カリウム血症、低ナトリウム血症、高リン血症、低カルシウム血症、高マグネシウム血症、アシドーシスなどです。このように血液の電解質の異常がみられます。尿毒症の症状によっては、胸部のレントゲン撮影をとり、胸の中に水がたまっていないか等も調べます。

治療

慢性腎不全が悪くなる因子の防止や除去が大切になります。そのためには、食事療法、安静、保温、感染防止が重要になります。項目ごとに学習しましょう。

  1. 食事療法は、タンパク、食塩、カリウム、リンなどの多い食事を制限します。そして、安静は、過度に運動することや過労は腎臓の働きを悪くするために、日常生活のなかで安静を保ち、腎臓をいたわりましょう。
  2. 保温によって、体の皮膚の血管が拡張します。このことは、体を張り巡らしている血液の流れを良くし、腎臓の働きを良くします。ですから、適度な室温を保ち、冷房などのかかりすぎや、保温のための掛け物などの調節が必要です。
  3. 感染防止は、慢性腎不全にとって病気を進行させないために大切です。腎臓の病気は感染しやすく、慢性腎不全の場合、尿毒症に進展させることになります。感染は上気道感染といって、鼻や口からの感染が多いので、うがいや手洗いを頻回にして感染防止をすることが大切です。

この他にも、薬物療法を行い、症状の軽減に努めることが大切です。それでも病態の改善が見られず、尿毒症状が続く場合は、透析療法が行われます。

日常生活でできる病気の予防方法(心がけ)

最後にこのような腎臓・膀胱の病気に罹らないためには、どうすればいいのか、についてです。
結論は、膀胱や腎臓に炎症を引き起こす病原菌が侵入しなければいいのが1つです。ですから、日常生活においては、膀胱炎、腎盂炎など共に

  • 清潔な下着を付ける事
  • 排尿や排便後のふき取りは、前から後ろに向かって拭くようにする事

これらを実行することで、尿道の辺りをより清潔に保つことが出来ます。
その他には

  • 排尿を我慢しないようにする。これも必要以上に尿が溜まり、細菌の繁殖を促しますので、尿を溜めないことによって、予防する事につながります。
  • 自分の尿に関心を持つ。とくと尿を観察あれ。意外にも、自分の尿を見て発見する病気も多いのです。第1段で説明したように色や性状、臭いなど愛着を持って見てあげてください。もしかすると何か訴えているかもしれません。
  • そして何より、「あれ? 変だな」「ちょっと、調子が悪いな」と感じたらすぐに、病院で診てもらうようにしましょう。病気は、ひき始めが肝心?とは言いますが、腎臓に関しても恥ずかしがらずに、早め早めに受診し、すぐに治療されることをお勧めします。

長らく、こちらの一方的な勉強で、さぞお疲れのことでしょう。この辺りで、腎臓に関する学習を終わりたいと思います。どうぞ、ご自分やご家族の腎臓、膀胱、尿道などにご配慮を・・・。

そして、健康な毎日をお過ごしになられるようお祈り申し上げます。お付き合い、本当にありがとうございました。では、ごきげんよう。

(藤元メディカルシステム付属医療専門学校 末廣・木村)

引用・参考文献
  • 編集:佐藤芳子.系統看護学講座専門10成人看護学7.医学書院.1996年
  • 編集:紫芝良昌.新版看護学全書第21巻成人看護学6.メヂカルフレンド社.1998年
  • 飯田喜俊.腎炎・ネフローゼの正しい知識(改訂版).南江堂.1995年

詳しいことは下記の病院にお問い合わせ下さい。

  • 藤元メディカルシステム 藤元総合病院 医療相談室
    〒885-0055
    宮崎県都城市早鈴町17-1
    電話:0986-25-1313 FAX :0986-25-3950
  • 藤元メディカルシステム 藤元中央病院
    〒880-0941
    宮崎市北川内乱橋3484-1
    電話:0985-53-8282 FAX :0985-53-6363