トップページ  > 家庭の医学シリーズ  > 精神科 > アルコール依存症について その1

アルコール依存症について その1

はじめに

人類が「酒(アルコール)」を飲み始めたのは、おおむね新石器時代と言われております。
現在地球上には、ビール・ウイスキー・ジン・ウオッカ・清酒・焼酎・ドブロク・ワインなどなど、挙げればきりがないほどのアルコールが満ち溢れております。

チグリス・ユーフラテス河畔において、B.C.6000年頃からシュメール人たちが築いたメソポタミア文明は、B.C.2400年頃には最盛期を迎え、「都市革命」と呼ばれるほどに都市国家が栄えました。
そのひとつB.C.2350年頃の「ラガシュ」において、何とオオムギの収穫量が1播種の80倍という驚異的なもので、それからパンやビールをつくり、人間のサラリーもオオムギで支払い、それでも余って家畜にも食べさせたと楔形文字で書かれた「粘土板文書」に載っております。
夥しい粘土板文書が発掘されており、そのひとつに「楽しきはビール、苦しきは旅路」というユーモラスな格言が書かれているのもあります。

また、中国においては、B.C.1700年頃、湯王が「夏」を滅ぼし「商」王朝(殷とも言うが、これは商が滅びた後の蔑称である)を開きますが、B.C.1300年頃になって最盛期を迎え、これまた夥しい青銅器の酒器が作られ、それらには甲骨文の銘文が彫られています。
商の人たちの大酒ぶりが想像できます。その特に酒を好んだ「商」も、B.C.1050年頃、「牧野の戦い」で「周」の武王によって倒されます。
そこで武王は、「酒詰」という詔勅をだして(叔父の周公が書いたとも言われる)、商の民の大酒を諌め、目に余る者は殺すと布告しています。しかし、そのあとで武王は、酒に溺れてもしばらく教えよ、とも言っております。

わが国においては、出土する土器類および植物繊維で包まれた大量のニワトコ、ヤマブドウ、キイチゴなどの果実の種の検出によって、縄文時代前期頃(B.C.4000年頃)には酒作りが始まったということが分かってきました。
その後、弥生・古墳期を経て、わが民族は一種の酒文化というものを培ってきたわけですが、終戦後、特に高度成長後に急速にその文化が壊れてきたと思えてなりません。

さて、人類最初の本格的なアルコール乱用と呼べるものは、18世紀初頭、産業革命前夜のイギリスで起こりました。
これは社会学史上「ジン狂」と呼ばれていますが、特にオランダで蒸留酒(ジン)の大量生産の技術が進み、安価なジンが大量にイギリスに流れ込みました。
ちょうどその頃、イギリスでは労働力としての人口流入が都市部に集中し、その下層労働者が慰みとしてジンを乱用した結果、甚大な社会問題を引き起こしたことが原因です。
飲酒問題はさらに増幅され、19世紀を通じて最も困難な社会問題のひとつになりました。
イギリス社会も法律の制定、宗教界の活動、医学界のアルコール問題研究など種々の対応を迫られ、それが今日の「アルコール依存症の研究・治療」に繋がってきました。


ここで、とり上げるテーマは、大きく別けて【1)アルコール依存おける精神依存と身体依存】および【2)アルコール依存症について】の二つでございます。
読みづらいとは思いますが、どうぞ休み休みお読みください。

アルコール依存における精神依存と身体依存

アルコール中毒は知っているが、「アルコール依存」とは耳慣れない言葉だと思われる人がいらっしゃるかも知れません。ほかの薬物中毒同様、「アルコール中毒」の研究が進むにつれて、もはや「アルコール中毒」だけの概念では、捕らえきれない重要な問題を多く含むことから「アルコール依存」という言葉が使われるようになりました。

例えば、水俣病を代表とする「有機水銀中毒」や農業従事者が罹る各種の「農薬中毒」など、これら有機水銀や農薬は、自殺願望者以外に好んで摂取する人はおりません。しかし、アルコールは自ら好んで飲まれるものであり、反復飲酒の結果、「アルコール中毒」という大変困ったことになっても、「止めようにも止められない」事態に陥ることから、明らかにほかの薬物中毒との違いが分かってもらえると思います。

(1)アルコールの精神依存について

しかし、アルコール自体は、薬学的には一般的なタバコのニコチン、コーヒーなどに含まれるカフェイン同様、れっきとした薬物です。
また、かなり一般的ではありませんが、アヘンやモルヒネ、幻覚作用の強いマリファナやLSD-25などと同じように、その薬理作用による心地よさをまた味わいたいという欲求から、繰り返し使ってしまうという、いわゆる「精神依存」が形成される強い部類に入るものです。
飲酒は未成年を除いて法律で禁じられてはおりませんが、社会的にも医学的にも許される限度というものがあります。
永年の飲酒、或いは比較的短い大量飲酒の結果、アルコールへの強い精神依存の状態になっている人は、麻薬の虜になった人と同じように、アルコールをどうして手に入れるか、また実際に飲んで酔う以外に頭になく、1日の生活がアルコールを中心として回転するようになり、次第にアルコールに溺れる結果になります。

もうずいぶん前に、たしかNHKで放映されたと思いますが、猿を使った実験で、水とアルコールの出る蛇口を別々にして猿に与えたところ、最初は、水とアルコールを交互に試すように飲んでいた猿が、次第にアルコールだけを好んで飲むようになり、仕舞いには餌も食べず、アルコールだけ飲む生活に陥っていくといった内容でした。
その後、アルコールの出るのを止めたところ、人間と同じように退薬(離脱)症状(禁断症状のこと、最近はあまり使われない)が出現したのを覚えています。
猿も人間と同じように高等動物です。たぶん牛や馬では、実験はうまくできなかったかと思います。
実は、ここに「われわれは、なぜアルコール中毒に陥るのか」ということと「なぜアルコール中毒は治らないのか」という大変重要なテーマが潜んでいるわけです。

普通、「中毒」は、その原因となるものを止めたら治ると思われています。
有機水銀や農薬はひとたびその害が分かったら、二度と口にする者はおりません。
しかし、アルコール中毒は、アルコールが害だと分かっても、なかなか止められないのが実情です。
このような人間とアルコールの関係は、もはや「有機水銀中毒」などと同じ範疇で扱えないということが、分かっていただけたと思います。
それゆえに、この関係は「アルコール依存」もしくは「アルコール精神依存」と呼ばれるべきものです。

(2)アルコールの身体依存について

また、以前の話になりますが、全く関係のない人を人質にとって、包丁などで脅して立てこもるといった事件が、かなりあったかと思います。
犯人を取り押さえて、よく調べてみると、覚醒剤の退薬後に出るフラッシュ・バック現象(退薬期を過ぎて、薬物を摂取していないのに、なにかほかの病気がきっかけとなり、状態が再現されること)によるものであった、というのが度々ありました。
アルコールの退薬症状群にもかなりのものがありますが、その前にアルコールの身体依存について話をしてみたいと思います。精神依存に引き続き、身体依存をクリアしないと前に進めないからです。

不眠症になった人が、病院で睡眠薬を処方してもらい、服用しているうちにだんだんきかなくなり、元の効果を得るためにどんどん量が増えてくるという話は、よくご存じだと思います。
これを「耐性の形成」といい、アルコールもこの「耐性」が大変生じやすいものです。
耐性の仕組みを簡単に説明すると、アルコールが体内に吸収され、大脳に作用し酩酊を引き起こしますが、一方、一部の神経は抑制して正常な状態に保とうとして興奮状態になります。
つまり、耐性が生じるということです。アルコールが連用されていると、潜在的に興奮状態が増幅され続くことになり、アルコール依存の状態になった人が、なにかの事情でアルコールを口にできなくなった場合(アルコールの血中濃度の低下、と表現されます)、神経系全体の過剰興奮(潮のようにアルコールがひいたために、興奮した神経がとり残された状態と表現したらいいでしょうか)という形で、さまざまな退薬症状が顕われてきます。
この状態を「アルコールの身体依存」が形成されている、と表現できます。
身体依存と退薬症状とは、表裏の関係にあることが分かるかと思います。
また、「退薬(離脱)」の意味も理解できるかと思います。アルコール依存のキ-ポイントは、まさにこれらの精神依存と身体依存にあるわけです。

ところで、ちょっと寄り道をしますが、タバコ(ニコチン)とコーヒー(カフェイン)の依存状態になっている人を見たことがあります。
もうかれこれ30年以上も前の話ですが、タバコのほうは、私の上司で当時40代後半の人、吸っていたのはロングピースでした。
ときたま、彼がお昼にカレーを食べている場面に出くわしたのですが、なんとスプーンをもった右手が異様なほどブルブル震え、口にも持っていけないありさまで、皿はスプーンでカチカチと音を立てているのです。
照れくさそうに笑った上司は、「僕は、実はニコチン中毒なんだよ」と言って、2、3口カレーを食べた後、大急ぎでタバコを吸った、その吸い方には驚きました。大きく大きく吸って、煙を体内に流し込むといったものでした。
2、3服吸ったら、手の震えは止まっていました。普段、あまり注意して見ていなかったために、大変びっくりしたわけです。

もう一人は、新入りの部下で、大分たってから気付いたのですが、仕事の途中で妙にイライラ、そわそわする仕草が多くなり、仕事も手につかない様子で、フッといなくなるです。
これも、後から知ったのですが、その時、彼は隠れてコーヒーを呑んでいたのです。
事務の女の子にそれとなく聞いてみると、彼女はとっくにご承知で「彼、コーヒー中毒よ」と教えてくれました。
ブラックで3、40分ぐらいおきに呑んでいたとのことでした。直接、彼から聞くことなかったのですが、明らかにカフェイン依存であったと思います。

ニコチンとカフェインの依存の実態を見たのは、あとにも先にもこのお二方のみです。


さて、だいぶ進んできましたね。アルコール依存のことが、だんだんご理解いただけるかと思います。

次のページへ

この項のキ-ワ-ド
  • アルコール依存(alcohol dependence)
  • フラッシュ・バック現象
  • 精神依存(psychic dependence)
  • 身体依存(physical dependence)
  • 耐性(fastness)
  • 退薬(離脱)症状(withdrawal syndrome)

詳しいことは下記の病院にお問い合わせ下さい。


一般社団法人藤元メディカルシステム 大悟病院
〒889-1911 宮崎県北諸県郡三股町大字長田1270
電話:0986-52-5800 FAX :0986-52-5573