トップページ > グリーンホーム > グリーンホームについて

設置の目的

2025年の高齢化のピーク時には、約520万人になると見込まれ、要介護高齢者の対策は長寿化社会に向けて避けて通れない緊急課題であります。

要介護高齢者のためには、医療と福祉の両面からその需要に応える施設が求められますが現状ではそれに十分対応できず、家庭に大きな負担となり、また、“社会的入院”という形で病院に入院している状況にあります。

介護老人保健施設グリーンホームは、こうした国民的要請に応えるために、一般社団法人藤元メディカルシステムが宮崎県の推薦をいただき、国の補助を受けて設置したものです。

ページのトップに戻る

運営の目的

グリーンホームでは、病気や障がいの容態が安定していて病院での治療や入院の必要がなく看護・介護やリハビリテーションなどが必要な認知症の方に対し「自立支援」「利用者の家庭復帰」を目的に「家庭的な雰囲気」を考慮しながらご家族との連絡を緊密にはかり家庭復帰を促進します。

ページのトップに戻る

ご利用になられる方

ご利用になられる方の要件として、

  • 病状が安定し入院治療が必要でない方
  • 65歳以上で要介護認定を受けた方
  • 40歳~65歳未満(第二号被保険者)の方で、「特定疾患」と診断され要介護の認定を受けた方(アルツハイマー病、脳血管性認知症等)

ページのトップに戻る

施設の概要

グリーンホームは大悟病院に併設され、鉄筋コンクリート1階で設備は利用者の心身の機能改善や、生活の質の向上を図るため、ゆったりとした構造になっています。

療養室 種類 広さ 室数 定員
4人部屋 33.0m2 15室 60人
3人部屋 28.0m2 1室 3人

ページのトップに戻る