トップページ > 大悟病院 > 大悟病院について

大悟病院について

当院は、社会的ストレスに関係が深い依存症と高齢化社会が進む中で大きな問題となる、老年期の精神医療を専門とする病院です。
平成18年7月に新病棟が完成し、静寂な環境の中で患者さまはもちろんのこと、ご家族も納得していただけるように、全職員がまごころを込めて献身的に治療を行っております。

当院のアディクション病棟では、朝夕の座禅集団精神療法認知行動療法社会技能訓練院内集団研修会院内自助グループ(断酒会・AA・GA)・高齢者のグループ療法女性ミーティング等のプログラムを実施し、アルコール依存症をはじめ、薬物依存症、病的賭博(ギャンブル依存症)、摂食障害などの治療を積極的に行っています。
また、歴史的にも嗜癖医療に関して県内のリーダー的役割を果たしてきています。

老年期精神疾患センター部門では、高齢者のうつ病適応障害認知症などの診断とその対応に、専門的に取り組み、特に、認知症の早期診断と治療に力を注いでいます。
認知症に伴う行動障害への対応は、地域の医療施設、福祉施設などと連携しながら行っております。
また、地域の皆さまへの知識の普及や、人生の最後に当たる看取りの医療にも積極的に取り組んでおります。

大悟病院の概要

診療科目
精神科神経科内科
病床数
311床 ( 精神 )
特徴
アルコール依存症専門病棟精神認知症老人病棟

治療方針

自由な雰囲気の中で治療に専念して頂くという主旨のもとに、開院当初より開放病棟にして治療を行っています。