トップページ > 藤元中央病院 > 診療科の治療・検査施設 > リハビリテーション室

藤元中央病院 リハビリテーション室

藤元中央病院リハビリテーション室では、主に循環器疾患(心筋梗塞・狭心症 etc.)を対象としたリハビリテーションを実施しております。
当院リハビリテーション室は、平成19年12月より「心臓リハビリテーション室」として開設し、平成20年5月より「リハビリテーション室」として名称を改め、理学療法のサービスを提供しております。
※外来リハビリテーションにおきましては、現在準備中のため、実施しておりません。

対象疾患

循環器疾患(心筋梗塞・狭心症 etc.)

訓練内容

理学療法
主に発症直後の急性期では、病室で寝ている(臥位) ⇒ 座る(坐位) ⇒ 立つ(立位) へと段階的に体を起こしていくところより開始し、運動に対する持久力を調べる検査(心肺運動負荷試験)実施後に回復期の運動療法として、自転車エルゴメータやトレッドミルを用いての有酸素運動などを行いながら、日常生活のために必要な体力の向上を図ります。

心臓リハビリテーションとは

心臓リハビリテーションとは

  1. 心臓の疾患による身体・精神機能低下の予防・回復と早期の社会復帰
  2. 心筋梗塞などの再発予防
  3. 心臓疾患によって低下したQOL(Quality Of Life : 生活の質)の向上

上記を目的として、患者さまを中心としたチームで取り組んでいくことです。
特に、自転車エルゴメータやトレッドミルなどを用いて行われる有酸素運動の効果として、

  • 冠危険因子の改善(再発の予防)
  • 運動耐用能の向上

が挙げられ、様々な心臓病に対する治療のひとつとして位置づけられています。

藤元中央病院へのご相談・お問い合わせ先

藤元中央病院

住 所 : 宮崎市北川内町乱橋3584番地1

電 話 : 0985-53-8282

FAX : 0985-53-6363