トップページ > 藤元中央病院 > 当院で行っている検査

当院で行っている検査

一般採血検査(貧血・糖尿病・高脂血症・肝臓・腎など)、肺機能検査、CT検査

循環器や腎臓の病気はいわゆる生活習慣病(高血圧・糖尿病・高脂血症・肥満など)と深く関係しています。
したがって、当院では特殊な検査以外にこのような生活習慣病に関係した一般検査や肺機能検査、全身CT検査も行っています。

ページのトップに戻る

運動負荷心電図検査

当院で行っている運動負荷心電図検査は、ベルトの上を歩いていただき、運動前・中・後の心電図を記録して行う検査です。
通常行う心電図検査では判らない狭心症の診断や治療効果の判定、日常生活での制限の範囲を決める目的や、不整脈の病気について治療が必要かどうか、日常生活での制限が必要かどうかなどを決める目的で行います。

ページのトップに戻る

24時間(ホルター)心電図検査

病院の中で行う通常の心電図検査では、わずか数分間の記録しかわかりません。
そこで、一日分の心電図をテープに記録する検査が24時間(ホルター)心電図検査です。
不整脈の診断・治療の必要性の有無や治療効果の判定、狭心症の診断、原因不明の失神の原因検査などに有用で、機器を付けている間は、入浴やシャワーはできませんが、その他の日常の生活・仕事は可能です。

ページのトップに戻る

脈波検査

手足(四肢)の血圧を同時に測り、その際の血圧数値や圧波形から四肢の動脈の硬さや狭い箇所(狭窄)の有無を簡単に調べることができます。
動脈硬化の検査の一つで、閉塞性動脈硬化症の診断に役立つ検査です。
検査結果によっては、より正確な診断のために造影CT検査や血管造影検査が必要になります。

ページのトップに戻る

心臓超音波(エコー)検査・経食道心エコー検査・末梢血管エコー検査

超音波を用いて体に悪影響を与えることなく、心臓や血管の状態を見ることのできる検査で、胸の上からみる通常の心臓エコー(経胸壁)検査、食道の中に内視鏡のようなものを入れることでより詳細に検査する経食道心臓エコー検査、手足や首の血管の状態を見る末梢血管エコー検査があります。
心臓エコー検査は心臓の形・大きさや動き、弁の形や動き、心臓内や血管の中の血液の流れる状態の検査、などがわかる大変に有用な検査です。

ページのトップに戻る

64列超高速CT検査(64チャンネルボリュームCT)

最新の64チャンネル超高速CT装置を用いて、心臓の冠状動脈の動脈硬化・狭窄の有無を検査できます。
カテーテル検査と違い、入院は必要なく、体内にはカテーテルや検査器具を入れずに行うことができ、体に負担の少ない検査です。

また、全身のCT検査が可能で、従来のCT装置に比べて短時間に詳細な画像が撮影できます。

ページのトップに戻る

心臓核医学検査(心筋シンチ・肺血流シンチ)

心筋シンチは心臓への血流を見る検査が主体となります。
心臓の筋肉に集まる薬を使い、心臓の筋肉への血流が必要に応じて増えるかどうかを調べることができます。
これにより、狭心症や心筋梗塞の診断ができます。

肺血流シンチは肺における血流を調べる検査です。
これにより肺血栓塞栓症(エコノミークラス症候群もこの病気の一つです)や肺がんなどの診断ができます。

ページのトップに戻る

心臓カテーテル検査・血管造影検査

カテーテルと呼ばれる細い管を使って、心臓の中の血圧測定や心臓を養う血管、心臓の動き、弁の調子を調べます。
現在の病気の状態を確かめ、治療方針をしっかり決めるための検査です。
具体的には検査は局所を麻酔して行い、約2mm程度のカテーテルという管を、手、足の血管から心臓まで挿入して行います。
カテーテルが心臓に到達したら、まず、心臓内の血圧を測定とポンプ機能の能力を測定します。
次ぎに、心臓を栄養している血管(冠動脈)や、左心室を造影剤というお薬を流してX線で撮影し、動画として記録します。
検査時間は、おおよそ30分程度です。
検査当日の夕方にはおおよその治療法の方針がお話しできます。
心臓カテーテル・造影検査は、病気の診断、治療法の決定に欠かせない大切な検査です。

ページのトップに戻る

電気生理学的検査

心臓カテーテル検査に含まれる検査で、心臓の中にカテーテル電極と呼ばれる管を入れて、心臓内の心電図を記録する検査です。
失神や心不全の原因となる難しい不整脈の診断と治療方針を決めるために行います。

ページのトップに戻る

下肢静脈造影検査

足先から造影剤を静脈に注射して撮影することにより、足の静脈の状態を知ることができます。
この検査では表面からは見えない静脈瘤や、肺血栓塞栓症(エコノミークラス症候群など)の原因となる静脈血栓(静脈内の血の固まり)の有無を知ることができます。

ページのトップに戻る

経直腸的前立腺超音波検査

近年増加傾向が著しい前立腺がんの診断・治療に欠かせない検査です。
前立腺がんが疑われると、PSA検査、直腸診、超音波検査、MRIなどを行います。PSAによる検診などでがんを疑われた方にも多くの場合再度PSA検査を行います。

●PSAの値が高いといわれた方は、次のような病気の可能性があります。

前立腺が大きく腫れるもので、50歳以上の男性に多く、おしっこが出にくくなることもあります。

前立腺の炎症であり発熱や会陰部の不快感などの症状が見られます。

前立腺の中にがんができる病気です。初期には自覚症状がないのが特徴です。

■主な治療法

  • 前立腺肥大症 … 薬物療法、経尿道的前立腺切除術など
  • 前立腺炎 ……… 薬物療法(抗菌剤、抗炎症剤など)
  • 前立腺がん …… 前立腺摘除術、放射線療法、ホルモン療法(LH-RHアゴニスト・抗男性ホルモン剤・女性ホルモン、精巣摘除術)、化学療法など

※病気と治療方針については、担当の医師からよく説明を聞き、理解して治療を受けてください。

●前立腺がんかどうか確かめるために、さらに詳しい検査をします。

ページのトップに戻る

藤元中央病院へのご相談・お問い合わせ先

藤元中央病院

住 所 : 宮崎市北川内町乱橋3584番地1

電 話 : 0985-53-8282

FAX : 0985-53-6363